禁断介護 神波多一花


禁断介護 神波多一花


美人妻ん“一花”は、体ん麻痺で介護が必要になった義父“ゲン爺”と同居ば始むる。愛する夫んため快う引き受けた彼女やったが、ゲン爺ん理不尽な要求ば受け入れた時、体ん麻痺はまったくん偽りやったことが判明。

ばってんゲン爺ん本性ば知った彼女は、同時にゲン爺ん体ば求めとる自分に気付き禁断ん快楽に溺れていった…。





Comments are closed